手作り作品を紹介する工房GALLARYロゴ
 
 
ねつけロゴ


根付(ねつけ、ねづけ)とは、江戸時代に煙草入れ、矢立て、印籠、小型の革製鞄(お金、食べ物、筆記用具、薬、煙草など小間物を入れた)などを紐で帯から吊るし持ち歩くときに用いた留め具。江戸時代から近代にかけての古根付と、昭和、平成の現代根付に大別 される。
高円宮憲仁親王が、収集家として名高かったことでも知られる。製作国の日本以上に、日本国外では骨董的収集品として高く評価されている。 ポケットの無い男性用の着物で袋や印籠等を持ち歩く場合に、袋や印籠などに付けられた紐の他方の端に取付け、紐を帯の下に挟み、根付を帯の上方に出す事によって引っ掛って袋や印籠などが落ちないようにする目的で用いられた。大きさは数cmから、小さいものは1cm位 のものもある。材質は堅い木(黄楊、一位、黒檀等)や象牙などが多い。江戸初期のものは簡素なものが多いが、時代と共に実用性と共に装飾性も重視されるようになり、江戸時代中期に入って爆発的に流行した。この頃になると細かい彫刻が施されるようになり、根付自体が美術品として収集の対象となった。明治時代に入ると海外から高い評価を得て主に輸出用に生産されるようになるが、この頃になると実用性を失い穴の空いた小型の精緻な彫刻となってしまう。大正、昭和を経て一時衰退に向かうが、平成に入って様々な分野から技術者・多種多様な素材が参入、現代根付として再び動きが活発になりつつある。  〈フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より〉

この他にも根付けがご覧頂けます。ここをクリック!

画像をクリックすると画像が拡大します。

 
  根付け1A 根付け1B 根付け1C  
蓮と蛙B-オニキス(ねつけ)
 
         
  根付け2A 根付け2B 根付け2C  
  椎茸と蛙-黄楊(ねつけ)      
         
  根付け3A 根付け3B 根付け3C  

くりA(ねつけ)

   
     
根付け4A 根付け4B 根付け4C
枝豆A(ねつけ)    
     
工房GALLERY  gifアニメ館  ねつけ館  みねかおるワールド  人形館  絵画館  イラスト館

工房GALLERY
Copyright 2008,Goninbayashi. All rights reserved.